smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
recommend
recommend
recommend
ARASHI
love music
台湾
rakuten





 HMVジャパン
bookmark
チケットぴあ


UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)



【旅ゴー!】もっと旅へ!みんなの「旅」のエピソードサイト


デル株式会社

当サイト(気まぐれ日記)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です
sponsored links
profile
new entries
categories
archives
                
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

メールフォーム





















<< 嵐にしやがれ 初回視聴率17.3% “土曜の嵐”好スタート | main | 嵐の二宮和也が「大奥」で初まげ姿を披露 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

京都探訪

JUGEMテーマ:旅行

美術館を後にして次に向かったのは等伯ゆかりの智積院。
場所が分からなくて、美術館の警備のお兄さんに聞いたら目と鼻の先でした(笑)

こちらのお寺所蔵の国宝「楓図」は博物館に貸し出されていましたが、
収蔵庫では長谷川等伯の息子・久蔵作の国宝「桜図」や、「松に秋草図」(国宝)
「松に黄蜀葵図」(国宝)「松に梅図」(重要文化財)など貴重な作品が見学できます。
撮影禁止のためこちらからご覧下さい。

収蔵庫のレプリカが飾られています。




この間から見えるお庭







手の行き届いたお庭の風景。


宸殿には堂本印象が描いた襖絵が数点ありました。
和室の中にいきなり洋室があるみたいな感じです。
お寺とミスマッチな感じがしましたが、これを依頼したお寺の懐の深さを感じました。
下の記事から襖絵が見れます。
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/db/arcadia/vol24.pdf


新調した田渕俊夫の襖絵も撮影不可ですがでこちらで少しだけ見れます。
水墨画のような趣の洋画です。
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/0111/index.html

襖絵などは全てボランティアの女子大生が説明してくれました。


金堂



明王院


智積院サイト

三十三間堂は時間に間に合わず外からのみの見学となりました。
残念。



もっと知りたい長谷川等伯―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)長谷川等伯―桃山画壇の変革者 (別冊太陽 日本のこころ 166)長谷川等伯 (新潮日本美術文庫)新版 古寺巡礼京都〈29〉智積院

at 15:06, starwalk, 旅行

-, trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 15:06, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

trackback
url:http://starwalk.jugem.jp/trackback/685